カードローン お金借りる 低金利 審査

銀行カードローンで低金利で賢くお金を借りる方法を紹介

カードローンの賢い利用方法を紹介

銀行カードローンのキャッシング金利が低い理由

カードローンでお金を借りる時は、出来るだけ金利の低い金融機関に申し込もうと誰もが考えます。

 

どのカードローン会社にしようかと決める時には、金利の低さが一番の選択ポイントになるものです。

 

比較サイトなどで、各カードローン会社の貸付金利をチェックしていると、

得に銀行系カードローンの金利が低いことに気づきます。

 

なぜ、銀行系カードローンは低金利での融資ができるのでしょうか。

 

要因の一つに、信用面の問題があります。

 

カードローンでは、信用の高い相手に対してお金を貸す時は、金利を低く設定することがあります。

 

信用は高ければ、貸したお金を確実に返済してくれるという見通しが立つので低金利でも融資ができるのです。

 

例えば、カードローンを利用して借入れをしたにも関わらず、何かしらの理由で

返済途中で破産してしまったとすると、貸した側の銀行は損失を被ります。

 

金融機関は利息をとることで利益を得ていますが、最後まで返済してもらう必要があります。

 

お金を貸したけれども、貸した分が返ってこないパターンや、

返済途中で破産されてしまうことも場合によっては発生しうることです。

 

企業としての収入を確保するために、信用が低い人には、利息を高くとっています。

 

信用が高い人でなければ、銀行からの低金利での融資を受けることはできないのです。

 

低金利での融資を受けたいならば、まずは勤続年数をふやしたり、

カードローン利用履歴をクリーンにする、年収を高くするなどの

審査で高い評価を得られるようにしておくことが大事です。

 

ネットキャッシングの審査内容

ネットからのキャッシング申し込みをした時でも、必ず審査は普通にあります。

 

ネットキャッシングでは、どういった審査が行われているのでしょうか!

 

審査と聞くと及び腰になる人もいますが、少しの心がけで格段に審査をクリアしやすくすることができます。

 

以下の3つを守ることで、ネットキャッシングの審査は、通過の可能性を上げることができます。

 

まずは、書類に嘘を書かないことです。

無理なく返せる範囲でお金を借りるようにします。

 

あらかじめ、キャッシング会社のホームページで仮審査を受けてみてください。

 

絶対にだれでも審査に通るわけではありませんが、審査に通過できる確率を上げることはできます。

 

書類に偽りを書くことで審査を通りやすくするという方法は、かえって逆効果になってしまいます。

 

2つめは借入金額を抑えめにしておくことでです。

借入金額を低く申し込みを行えば、審査に通りやすくすることができると言われています。

 

返済もスムーズに行えるようになるので、必要な分だけ借入することは大切です。

 

事前に、ネットキャッシングのサイトにある仮審査で条件をチェックしておくことも審査を受けやすくなります。

 

3つめは、インターネットから手続きをすることです。

ネットキャッシングは、入力内容に問題がなければ、短時間で審査をしてもらえます。

 

いつでも、どこからでも、すぐにネットキャッシングは申し込めます。

 

夜中や、早朝でもネットキャッシングの申し込みは可能であり、審査は営業時間が始まってすぐに受けられます。

 

ネットキャッシングの審査がスムーズに通れば、とても便利にキャッシングすることができるでしょう。

 

カードローンの金利について

カードローンの現在の金利は、どのくらいでしょうか。

 

消費者金融では、金利4.5%~18%で融資をするところが多いようです。

 

例えば10万円を融資した場合にかかる金利は、18%が相場と言われております。

 

これは申し込み時点での限度額設定で異なります。

 

傾向として、大口の融資になれば、金利は低く設定されることが多いようです。

 

月々の収入がどのくらいか、収入は安定しているか、どこで働いているかなどを審査して、カードローンの条件は決定します。

 

人によっては、カードローン会社が設定する貸付上限金額が低く抑えられることもあり、誰でも同じ条件というわけではありません。

 

銀行系のカードローン会社も、審査をすることは同じですが、金利条件は大きく異なり、4%~14%程度の金利になります。

 

単純に金利のみを比較すると、銀行系カードローン会社のほうが、消費者系金融会社よりお得なことがわかります。

 

ならば銀行系で契約すればお得という考えの方がいますが、金利以外の点についても、カードローンを利用する時には検討する必要があります。

 

すぐにでもお金借りたいという時は、審査に時間がかかる銀行系カードローンより、消費者金融系カードローンのほうが有利です。

 

銀行のカードローンを利用する時には、その銀行の普通口座をつくらなければいけない場合などもあって、何かと手続きが面倒です。

 

消費者金融系からの融資は、スピードを重視している人向けです。

 

カードローンを利用したいけれども今すぐ必要というわけではないという人ならば、
時間に余裕があるうちに銀行カードローンの手続きをしておくといいでしょう。

 

 

アルバイトのローンと審査

アルバイトで働きながら、ローンを利用したいという時に気にかかることとして、審査を通過かできるかがあります。

 

審査を受けずにローンを使うことはできません。ローンの審査のポイントとは、何があるのでしょうか。

 

貸したお金を返せる能力のことを、信用能力と呼んでいます。

 

 

アルバイトは、この信用能力が低いのではないかと、審査では判断されがちです。

 

審査で信用が高いと判断される客は、確実に、借りたお金を返せる人と見なされます。

 

正社員は毎月決まった給与をもらっていますが、アルバイトは月々の収入が不安定な状況にある人が少なくありません。

 

どう頑張っても、正社員とアルバイトを比べるとアルバイトが信用が低くなるのです。

 

 

会社の経営が苦しくなって、社員を減らして対応しなければならないという状況になれば、まず人数を減らすのは、アルバイトの人からになります。

 

金融会社側は、毎月の収入がキープされているかどうかが、信用の高さの指針としています。

 

長期間、そのアルバイトとして収入を保っていれば、安定した収入と判断されます。

 

収入の主軸になっているアルバイトを、半年以上続けているかが、判断の基準になります。

 

いくつアルバイトをしているかや、収入がどのくらい多いかは、それとは別に判断要素となっているようです。

 

 

現在、ローンで借りられる金額は、年収の三分の一以内と法律で定められています。

 

これはパートでもアルバイトでも正規雇用であっても、同一になります。

 

ローンの審査に通るためには、そもそも借り入れ希望額が、年収の三分の一より

多くならないように調節した上で、申込みをすることが大事になっています。

 

アルバイトだからといって、即座にローンの審査が通らないということはありません。

 

けれども、アルバイトで働きながらローンの返済ができるように、先々の見通しを立てておくことです。

 

アルバイトでもローン会社を利用する方法

与や、働き方や、勤務先などが聞かれます。ローンの利用はアルバイトで働く人でもできますが、大口の融資は無理だったり、金利が高めに設定されたりと、返済の条件が厳しくなる傾向があります。

 

自分が幾らくらいの融資が受けられるのか、金利は何%になりそうか、アルバイトの人は手続きをする前に確認すると、大体の目安がわかるでしょう。

 

場合によっては、ローンを利用しないで済む方法や、頭金により多くの金額を回すことはできないかもポイントになります。

 

頭金を今より多く準備することができれば、ローンを組んだ時でも完済までに必要な金額が減らせます。

 

金融会社からすれば、アルバイトの人はいつ収入が途絶えるかわからないという意味で、正社員よりも高リスクな顧客になります。

 

アルバイトのローンは、いい条件で融資を受けることが難しいものです。

 

ローンを利用せずに、現在の問題に対処できるのであれば、それに越したことはありません。

 

アルバイトでも融資が受けられる金融機関はありますので、どうしてもお金を借りなければいけない時は、候補となる会社をピックアップします。

 

アルバイトでローンの申込みをする場合、審査に通らなかった場合も考慮して、他の金融会社もいくつか調べておくと、対応策がとりやすいでしょう。

 

内容はローン会社によって様々

金融会社を選ぶ時には、金利は重視したい項目の一つです。何%の金利で融資をしてくれるかは、ローン会社によります。

 

金利は各金融会社によって全く違います。

 

金利が高いと、それだけ利息が高くなりますので、借りたお金を返す時に支払わなければならない金額が多くなってしまいます。

 

いずれの金融会社を選んだとしても、アルバイトでローンを利用しようとすれば、高金利になることは避けがたいことだといいます。

 

アルバイトでローンを利用することは、できるだけ低金利で融資を受けなければ、利息が意外なほどに大きくなることがあります。

 

 




サーチ
テーマ
最近の投稿