カードローン お金借りる 低金利 審査

銀行カードローンで低金利で賢くお金を借りる方法を紹介

カードローンの賢い利用方法を紹介

銀行系カードローンを利用するときのメリット


どんなメリットが、銀行系カードローンから融資を受ける場合に、得られるものなのでしょうか。

 

もともと、カードローンは、適正に利用できていれば、生活の助けになるものです。

 

もしもの出来事があってすぐに現金を用立てたいという時や、

クレジットカードからお金が引き出せないという時は、

カードローンから最寄りのATMで現金が手に入ります。

 

カードローンは、一度融資の限度額が決まれば、その金額の中でお金を自由に引き出すことができます。

 

銀行系のカードローンとは、銀行がバックにある金融会社が融資を行っているローンを指します。

 

銀行に帯する信頼度が銀行系カードローンの強み

消費者金融会社と聞くと身構えがちですが、名の知れた都市銀行や、地方銀行だというのであれば、安心できるでしょう。

 

銀行系カードローンは、借入や返済が可能なATMがあちこちにあるため、利用しやすいという魅力もあります。

 

まとまった金額を借りることができることも、銀行系カードローンの嬉しい点ですが、注意すべき点として、審査が他の金融機関より難しいことがあります。

 

過去に返済が滞った等のトラブルが無く、一定の収入がある方であれば、ほぼ問題なく融資を受けることができます。

 

最近は、銀行系カードローンでも、最短30分で審査ができることを売りにしているところもあり、審査もスピーディーになってきているようです。

 

適切に使えているうちは、カードローンは私達の味方になってくれる存在です。

 

 

銀行系カードローンでお金を借りる時の特徴


個人で借りることができて、保証人担保もいらない金融商品に、カードローンがあります。

 

カードローンが利用できる金融機関としては、銀行のほか、消費者金融会社があります。

 

ただし、カードローンというのではなく、テレビCMや街頭広告では、

 

銀行系カードローンという表記がされていることもあります。

 

これらの言葉は似てはいますが、大きな違いがありますので、

 

ローンを利用する際には理解しておく必要があります。

 

 

銀行系カードローンと銀行カードローンの違い

 

銀行がバックについている消費者金融会社や、他の系統の消費者金融会社と統合されていることもあります。

 

銀行系カードローンは、銀行が関わっている消費者金融会社が扱っている金融商品でありローンの一種といえます。

 

銀行系カードローンの場合、申込み先は消費者金融会社であることが多いです。

 

銀行が直接、申込み者に融資をしているものが、銀行カードローンとなります。

 

銀行に必要な申込みを行い、審査を受けて融資を受けることが、銀行カードローンの特徴です。

 

 

このように銀行のカードローン銀行系のカードローンとでは、扱っている会社が違いますが、

 

どちらも消費者金融系や信販系に比べると、金利が低めに設定されていることが多いという特徴があります。

 

銀行系カードローンと、銀行カードローンの違いは、総量規制の対象になるかどうかです。

 

銀行カードローンは、総量規制は適用されません。

 

各金融会社ごとに、貸付上限金額や、金利は異なっていますので、

 

どの金融会社から借りるか検討する時は、貸付条件をよく見てみることが大事です。

 

1 13 14 15
最近の人気記事