カードローン お金借りる 低金利 審査

銀行カードローンで低金利で賢くお金を借りる方法を紹介

カードローンの賢い利用方法を紹介

主婦がローンを利用する方法


お金を借りる場合は、お金を貸す側の金融業者が審査を行い、その人の返済能力を判断してお金を貸すかどうか決定します。

 

どんな顧客が、審査では高く評価されているのかを知りたいという人もいます。

 

まずは毎月の収入の安定が大事

 

収入が安定しているかどうかを見る時には、雇用形態や、勤続年数などが決め手となり、返済能力がある人と見なされます。

 

これに対して、家事労働に従事している主婦は、自分で収入を得ているわけではありません。

 

けれども、主婦だとしても、思いがけない出来事で現金が欲しい時などがあります。

 

消費者金融のキャッシングは速やかに融資をしてくれますし、銀行のローンは大口融資が可能ですが、主婦が申し込んでも審査で断られる可能性は否定できません。

 

主婦には大きく分けて何らかの形で本人が収入を得ている場合と、まったく仕事を持たず家事や育児に専念している専業主婦の場合があります。

 

パート、アルバイトなどで短時間の仕事をしており、収入を得ている主婦であれば自分の収入の範囲内の融資で本人名義で手続きが行えます。

 

自分の稼ぎがある主婦であれば、特に配偶者の同意書がなくても、ローンの申込みをすることはできます。

 

総量規制が導入されてから、自己の年収から算出される金額以下しか融資ができなくなりましたので、専業主婦は融資が受けられません。

 

 

専業主婦がローンを希望する時は、どんなやり方があるでしょうか。

 

配偶者の同意があれば、配偶者貸付という制度を利用して、専業主婦でも融資は売けることができます。

 

銀行のカードローンの場合は、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も申し込めることが多くなっています。

 

 

[Sponsored Link]

 

最近の人気記事